株式会社コダマガラス
 お問い合わせ
KODAMA GLASS > オーダーガラス板専門店 > 薄型断熱ガラス(真空ガラス)

薄型断熱ガラス(真空ガラス)のオーダーについて

薄型断熱ガラス(真空ガラス)の製作をご希望なら、まずはお見積をご依頼ください

薄型断熱ガラス(真空ガラス)とは

薄型断熱ガラス(真空ガラス)とは、ガラスとガラスの間に真空層をつくり、熱の「伝導」と「対流」を防ぐことで、断熱効果や遮熱効果を高めた機能ガラスで、真空層により遮音性能にも優れています。(日本板硝子株式会社製)

真空層の厚みはわずか0.2ミリのため、既存の単板ガラスとの交換も簡単にできます。

一般的な複層ガラスの場合、空気層が6mm必要となりガラス厚みは12mmとなることに対し、薄型断熱ガラスの特徴は0.2mmの真空層によりガラス総厚が6.2mmと薄く、既存の一般ガラスのサッシにもガラスのみの交換で複層ガラス以上の断熱性能を持たせることができます。

*現在お使いのサッシや建物の状況によってスペーシアが装着できない場合もあります。
* サッシの形状によってはお取り替えできない場合があります。 


[コラム]真空は熱を伝えない?

熱の伝わり方には「伝導」「対流」「放射」の3種類あります。
そのうち「伝導」と「対流」は物質や水、空気が熱エネルギーを伝えます。
伝導:金属棒の一端を熱すると他端も熱くなること、固定粒子の動きはないのに熱だけ伝わること
対流:主に気体や液体が熱を持ちながら移動し全体的に熱を持つこと、水の沸騰やエアコンなど

つまり、空気や水、物質等が無い状態=真空では「伝導」「対流」が起こりません。
また真空空間は他にも、音を伝えにくい、酸化しにくい、電気を通しにくいなどの効果もあります。

ちなみに「放射」は電磁波なので、物質があってもなくても伝達します。
これは宇宙を通って地球を照らしている太陽と同じで、身近なものではヒーターのように、
室温はあまり上がらない、直接触れるわけでもないのに、熱を感じることができるのが「放射」です。

まとめると、真空ガラスは「伝導」「対流」を防ぐため、外気や室温を伝えにくいです。
が、太陽光は「放射」による影響があるため、抑えることが出来ません。
※スペーシアシリーズは「放射」も「Low-E金属膜」によって抑えることが出来ます。

【薄型断熱ガラス(真空ガラス) タイプ別一覧】

薄型断熱ガラス(真空ガラス)には、2枚のフロートガラスの間に真空層を持たせた「クリアFit」と、フロートガラスとLow-Eガラスを真空層で合わせた「スペーシア」、スペーシアと比べてマイクロスペーサーを少なくすることで超高断熱を実現させた「スーパースペーシア」があります。



スペーシアには特殊なLow-E膜で遮熱機能を持たせた「スペーシアクール」、特殊な中間膜を使用した合わせガラスと組合せて遮音効果を強化した「スペーシア静」、スペーシアを複層ガラスにすることで超高断熱機能を実現させた「スペーシア21」のタイプがあります。


 <スペーシア 追加機能タイプ>

どれを選べばよいのか?

◎コスト重視の薄型断熱ガラス

コスト重視ならばフロートガラスの間に真空層を持たせた「クリアFit」が良いです。

薄型断熱ガラス クリアFit

◎真空+Low-Eだから、高い断熱性能の「スペーシア」

「スペーシア」は真空ガラスのベーシックタイプで、一般複層ガラスの約2倍の断熱性能があります。

真空ガラスなら スペーシア

◎もっと性能をより高く、超断熱の「スーパースペーシア」

真空テクノロジーがより進化し、真空層を保持するマイクロスペーサーの間隔が広くなりました。
そのため熱伝導が半分になり、より断熱、より省エネ、よりエコロジーになります。

超高断熱 スーパースペーシア

[コラム]薄型断熱ガラスの「クリアFit」と「スペーシア」の違いは?

熱の伝わり方には、「伝導」、「対流」、「放射」の3つがあります。
「クリアFit」はフロートガラスの間の真空層により「伝導」と「対流」を防ぎ、断熱効果や遮熱効果を高めたガラスです。
「スペーシア」は、真空層による「伝導」と「対流」を防ぐ効果に加え、2枚のガラスのうち1枚をLow-Eガラスとすることで、「放射」を特殊な金属膜(Low-E膜)で抑え、高い断熱性能を持たせたガラスです。

[コラム]「スペーシア」と「スーパースペーシア」の違いは?

薄型断熱ガラスの真空層には、真空層を保持させるマイクロスペーサーがあります。
「スペーシア」には約20mm間隔でマイクロスペーサーが入っていますが、「スーパースペーシア」の間隔は約28ミリとなっており、マイクロスペーサーを減らすことでスペーサによる熱伝導を約半分に抑え超高断熱を実現させています。

◎夏の日差しをしっかりカット

スペーシアの持つ機能に、特殊なLow-E膜で遮熱機能を持たせた「スペーシアクール」は、太陽熱を50%、紫外線の約60%をカットし、夏の日差しが気になる場所におススメです。

遮熱タイプ スペーシアクール

◎防音合わせガラスを使用した、窓に断熱+遮音性能

特殊な中間膜で合わせた防音合わせガラスを使用することで、防音機能を高めた「スペーシア静」は、室内・室外で発生する音を遮り、静かな環境にしたい場所におススメです。

遮音タイプ スペーシア静

◎断熱窓の究極の形、スペーシアを更に複層ガラスに

スペーシアを複層ガラスにすることで断熱性能を極めた超高断熱の複層ガラスです。
寒冷地でも北面の窓でも明るく大きな窓で暖かい住まいを実現させる場所におススメです。

真空ガラスを複層 スペーシア21

<性能表>










品質保証について

製品名 保証性能項目 保証
期間
補償範囲 免責事項
(保証期間内でも有償となります)
スペーシア※1
スペーシアクール
スペーシア静
スペーシアクール 静
隣接した2個以上のマイクロスぺーサーが落下しないこと。 10年
 



※4
保証期間内の製品に、保証性能項目を守れない不具合が生じた場合には代わりの製品を無償で出荷させていただきます。

但し、施工費用につきましては、補償対象外とさせていただきます。

尚、不具合が生じた製品を既に販売中止とさせていただいている場合には、同等品種または近似品種でのお取り替えとさせていただく場合があります。
・弊社指定の標準施工法及び設計上、施工上、使用上、
 メンテナンス上の注意事項を満たしていない場合
・使用上の誤り及び不当な改造や修理等、
 人為的原因に起因する不具合(ガラス表面に
 フィルムを貼ることや塗料を塗ること等を含みます)
・火災、地震、風水害、その他天変地異に起因する不具合
・品質保証対象外であることを事前にご了承いただいている場合
・実用化された技術では予測困難な現象に起因する不具合
・熱割れなどのガラスの破損
・スペーシアの施工研修を修了した「スペーシア取扱店」以外の
 工事店によって施工された場合
・取扱説明書のご注意に反する使用上の誤りが認められた場合※2
・弊社指定の設計上のご注意に反するご使用上の誤りが
 認められた場合で、弊社が事前に了承していない場合
・真空層及び中空層に面していないガラス面に発生した結露
・外からの衝撃または使用中にガラス面に付いた欠けやキズが
 原因である亀裂、または破損がある場合
・スペーシア21を高地で使用される場合で、事前に弊社への
 ご相談がなかった場合(標高1,000m以上の場合や内外のガラス
 板厚差が4mmを超える構成で、短辺が300mm以下の場合等)
・高温(70℃以上)または多湿の環境下でのご使用による場合
(カーテンウォールのスパンドレル部分や温水プール、
 サウナルーム等)
・スペーシアに弊社のマークが打刻されていない場合※3
スペーシア21 隣接した2個以上のマイクロスぺーサーが落下しないこと。

内部結露(ガラスとガラスの間の中空層での結露)が発生しないこと。

1997年10月以降に製造された製品が 対象となります。
※1 「スペーシア STⅡ」は2012年6月1日より「スペーシア 」へ製品名が変更になりました。
※2 取扱説明書は製品に貼付して出荷しています。万一、お手元に届いていない場合はご連絡・ご請求ください。
※3 製品に打刻されたマークにより、弊社製品であることおよび製造年月等を確認致します。
※4 補償製品の保証期間について
  製品の保証期間は、製造月から10年間とさせていただきます。
  不具合により補償製品に交換をされた場合でも、補償製品の保証期間は当初の製造月から10年間とさせていただきます。
  例) 2019年1月の製品を2020年7月に補償製品へ交換された場合、その補償期間は2029年1月までとなります。


【薄型断熱ガラス(真空ガラス) タイプ別一覧】


 <スペーシア 追加機能タイプ>

お見積・ご注文フォーム

TEL

ご希望のガラス仕様等をご記入して下さい

お問い合せ内容

 見積を依頼する 【価格(送料含む)と納期をご連絡いたします】
 注文を依頼する 【価格(送料含む)と発送日をご連絡いたします】

ガラスの仕様

ご希望のガラスの仕様についてご記入ください

以下の内容についてできるだけ具体的にご記入ください

・ガラスの種類

・サイズ(幅・高さ・厚み)

・形状(四角・丸型・異形)

・枚数

・4隅の加工(角落し加工・R加工・C加工)

 ※R加工・C加工の場合は、その大きさもご記入ください

・切断面の処理(糸面磨き・手切れ防止・幅広面磨き・切りっ放し)

・特殊カット(切欠き・穴あけ・etc)

 ※サイズ・個数・位置等、具体的にご記入下さい

  もしくは、図面を添付してください

・その他加工(強化加工・飛散防止フィルム貼り・ペア加工・etc)

ご使用方法

ガラスのご使用方法をご記入して下さい

ご使用になるガラスの安全性・適した厚み等を検討させて頂く情報に
なるためできる限り具体的にご記入ください

例1:サッシをそのまま断熱・結露対策をしたい

例2:ペアガラスの空気層を真空にしたい

添付データ

写真、図面等ある場合はこちらから添付して下さい

<データはPDF、JPEG等画像データ、ワード、エクセルにてお願いします>

もしくは別途メールにてお送りいただければと思います

<メール:manager@kodama-glass.co.jp

お客様のご住所・ご連絡先を入力して下さい

お名前

様 (例: 児玉 雄司 )

会社名/組織名

 (例: 株式会社コダマガラス )

郵便番号

 (例:581-0054)

ご住所1

(都道府県/市区郡・町村)

 (例:大阪府八尾市南亀井町)

ご住所2

(番地 建物名)

 (例: 4丁目1番地2号○○ビル○○号)

お電話番号

※携帯可

 (例:072-991-6370)

FAX番号

 (例:072-991-6380)

メールアドレス

メールアドレス(確認)

お届け先について

 上記住所への配送を希望する

 弊社への引取りを希望する

 別の住所へ配送を希望する

ご希望のお支払い方法

 クレジットカード決済 (Square請求書)

ご注文確定後、カード決済手続きのメールをお送りします

お支払いは一括払いのみ、分割・リボ払いは対応しておりません

 代金引換(代引き手数料 無料)

 銀行振込・郵便振替(三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行)

 Paid (後払い)

※個人事業主様、または法人のお客様を対象とした後払いサービスです

株式会社ラクーンへのお申し込み・審査が必須になります

詳しくはPaidのバナーをご確認下さい

 請求書払い (後払い)

※法人様で継続的にご注文いただいているお客様は
「請求書払い」での取引も可能です

※官公庁、学校、上場企業のお客様は初回ご注文から
「請求書払い」が可能です

 現金 (お引き取り時に現金支払い)

お引取りや、当社にて直接お届け及び施工完了後、

現金払いとなります

 クレジットカード決済 (お引取り時にカード決済)

お引取りや、当社にて直接お届け及び施工完了後、

クレジットカード決済となります

ご返答方法

 TELでの返答を希望する

※お急ぎの方は取り急ぎお電話にてご返答いたします

 メールでの返答を希望する

 FAXでの返答を希望する

※基本的にメールでご返答いたします

 FAXは遅い時間にお送りする場合もありますがご了承ください

ご質問・ご相談等は
こちらにご記入ください